トップ > パティオヒーター > パティオヒーター10kgタイプ【SPH1308】

パティオヒーター10kgタイプ【SPH1308】

「パティオヒーター」は、オープンカフェやガーデンテラスなどの屋外施設を快適に暖房します。
活用されていないスペース等を人や話題が集まるホットスペースとしてオシャレに演出します。テーマパークやホテル・屋外イベント会場など、冬の屋外空間を快適かつ安全に彩ります。


パティオヒーター 3つの特徴


・体感温度が高い
 

  • ・乾電池を使用しない圧電点火
     

  • ・試験をクリアした安心設計
     

パティオヒーターは約直径6m の暖房領域があり、燃焼部の高さが2200mmと低いため、体感温度が高く感じられます。
乾電池を使用しない「圧電点火方式」を取り入れている為、構造がシンプルで耐久性に優れています。
また転倒試験や有風試験などにもクリアした、転倒自動消火装置とや立ち消え消火安全装置により、安全性にも優れています。


新開発のホッパースクリーンで、体感温度アップ

新開発された「ホッパースクリーン」は、吸排気孔を上向きに配置したルーバーパターン(風を選択的に遮断したり透過できるように隙間をあけて組まれること)のステンレス製パンチングスクリーンです。
パティオヒーターは寒い時期に屋外で使用される屋外ガスストーブですので、燃焼炎の最高温度の距離にスクリーンを配置し、ヒーター部分が赤熱し、輻射エネルギーを多く発することができます。そのため、見た目からも暖かく感じていただけます。
また、燃焼部の高さが2200mmと低い構造になっています。パティオヒーターの周りに席を設ける場合等に適しており、体感温度も高く感じていただけます。


圧電点火方式の着火システム

乾電池を使用しない圧電点火によって、パイロットバーナーに予備着火させます。
着火にストレスを感じるかもしれません。しかし乾電池を使用せず構造がシンプルな為、耐久性に優れています。
新型パティオヒーターは、パイロットバーナーをメインバーナーと分離配置し、圧電点火と同時にメインバーナーに予備着火させます。これにより立消え安全装置のサーモカップルと点火棒はメインバーナーの高温に触れることなく今まで以上に耐久性が増します。


試験をクリアした安心設計(PSLPG 認証取得製品)

パティオヒーターはPSLPGのマークを取得しております。
PSLPGとは、液化石油ガス(LPガス)用の器具等のうち、国の定めた技術上の基準に適合していることを意味します。

【安心設計】
■転倒自動消火装置
■立消え安全装置
■転倒試験

ボンベ収容ケースの底には10キロ以上のウェイトバランサーが装着され、20度に傾けても倒れません。


転倒自動消火装置

パティオヒーターは、移動可能な屋外専用ガスストーブです。
万が一の転倒時には、ガス通路を遮断する転倒自動消火装置付き。


立消え安全装置

万が一強風などでバーナーの炎が消えた場合、自動でバルブを瞬時にシャットアウトし消火いたします。
なので強風の日も安全・安心です。


転倒試験

国内技術基準では、「移動して使用できるものにあっては、いずれの方向に傾けても20度以内では倒れず、かつ、附属部品の位置が変化しないこと」となっています。
パティオヒーターもこの基準に合わせボンベ収納ベースにウェイトバランサーを標準装備しておりますので20度に傾けても倒れません。




製品仕様

 

パティオヒーター 10kg 容器タイプ

・SPH1610

製品名 パティオヒーター 10kgボンベ収納タイプ
製品番号 SPH1308
外形寸法(mm) 傘部:直径950mm×全高:2200mm(※1)
質量 約37kg(ボンベなし)
本体外装 本体:ステンレス製
リフレクター:押出成型アルミ製
熱源 LPガス
最大消費
ガス量
LPG 11.70kw
電気定格 電源 乾電池不要
周波数 -
消費電力 -
点火方式 圧電点火式
安全機能 転倒自動消火装置、立消え安全装置
第三者認証 PSLPGマーク取得
接続 ガス LPG -
使用時間 約12時間(※2)
実用域の放射熱量 -
備考 -

(※1)ボンベベースを装着しないときの寸法。
(※2) 1時間当りのガス消費量からの計算値です。
(注) ボンベのプロパンガスを連続して使用した場合、ガスの特性として、気化熱によってガスボンベ本体が冷え、ガスの圧力が下がることで使用時間が短くなる場合があります。
※ガスボンベと機器の接続に使用する、液化石油ガス燃焼機器接続用継手付ホース・調整器(レギュレーター)は別途必要です。

価格 : 110,000円(税抜)
数量
 

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ